« 日本を変えるチャンス!! 2008年10月の思い | トップページ | 【速報】林哲司さん 35周年記念コンサート観覧  »

2008/10/08

竹内まりやさん「Expressions」 一緒に泣いて、笑った30年

10/1、竹内まりやさんの30周年
ベストCD「Expressions」が
発売された。

今年に入り、この、レーベルを越えた
CD発売に向け、ファンから投票を募る、
まりやさんのブログ開設など、特別な
企画が次々出てきて、ファンの期待を
ふくらませていた。

もちろん私も早くから買う予定でいて、
8月に入り、行きつけのお店で予約。

そして発売日、買いに行ってビックリ、
持ち帰り用紙袋にも、まりやさん!!


Blog081008


2005/7/20記事
(この記事の写真への
アクセスが大変多い)でも
書いたことがあるけれど、
デビュー当時はおぼろげな
記憶しかない。

「ドリーム・オブ・ユー~レモンライムの
青い風~」がブラウン管から流れて
いたこと、「September」を賞レースで
聞いたこと。

でも、お名前ははっきり覚えていて、
数年後、河合奈保子さん「けんかを
やめて」で、クレジットを見て、
(これって、あのお姉さんの歌だ。
歌を作るんだ)
そう思いながら歌を食い入るように
聞いていた(結婚して休養中に
作られたものだという)。もともと
奈保子さんが好きだった私、すぐに
この歌を覚えた。

今回のCDは、通常盤で3枚・42曲。
特別盤は、これに、ファン投票上位10曲の
カラオケCDがついている。
Disk-1は他人の作品やカバーが中心、
あとの2枚は、主に、「シンガーソング主婦」と
なってからの作品。

男性と女性では受け取り方が違うのだろう
けれど、このCDを買った女性にとっては、
「収められた曲といっしょに、泣いて、笑って
過ごしてきた」のではないだろうか。

「色・ホワイトブレンド」のように、リボンを風に
躍らせていた思春期。「恋の嵐」で涙した頃。
「駅」で、好きだった人がはっきり、「過去の人」に
なったと思い知らされる瞬間。

まりやさんと近い世代の方々にとっては、また
違うのだろうが、私にとっては、昔は、アイドルに
書いた歌を除けば、大人の世界を描いていて、
(いつかこんなことが分かる日がくるのだろうか)
遠い存在の歌が多かった。

でも、いつしか時は流れ、彼女の歌う世界が
実感を伴って感じられるようになっていた。
「家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)」で
家庭の重みを実感し、そして、「うれしくて
さみしい日」で、
(母が私を嫁がせた時の気持ちは、こうだったか)
そう思い、涙ぐんで母に感謝している、私がいる。

このCDで、懐かしい時代に思いを馳せ、また、
これからの人生への決意を抱くことができる。

このCD、そして、去年発売された「Denim」との
コラボジーンズを大事にして、これからも私は
生きていくだろう。

もちろん、まりやさんの歌の根底に流れる
メッセージ、
ポジティブな気持ちで毎日を大事に、
そして、丁寧に、生活しながら。


-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« 日本を変えるチャンス!! 2008年10月の思い | トップページ | 【速報】林哲司さん 35周年記念コンサート観覧  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/42727007

この記事へのトラックバック一覧です: 竹内まりやさん「Expressions」 一緒に泣いて、笑った30年:

« 日本を変えるチャンス!! 2008年10月の思い | トップページ | 【速報】林哲司さん 35周年記念コンサート観覧  »