« 古典を生活に生かそう 2008年11月の思い | トップページ | 身近なハッピー!のヒント Vol.8 「似合う」は味方 »

2008/11/06

中西保志さんCD「Standards3」 共に生きる名曲たち

11/5、中西保志さん
カバーCD「Standards3」が
発売された。

Blog081106

題名からわかる
ように、これは
カバーCDの第三弾。

発売日の前後、中西さんは積極的に
ラジオ番組などでプロモーションなさっていた。
テリー伊藤さんは、中西さんの歌声を、
このようにほめていらした。
「透明感ある、20代の、人生模索中の人の
ような声だよね…」

中西さんは、こんなことを語られた。
「今回は第一線で今も活躍されている方を中心に、
挑戦者の気持ちで選曲しました」
「自分が好きな曲でも、曲を寝かせる…曲に
惚れる時間が必要なんです」

収録曲の「First Love」(宇多田ヒカルさん)の
場合、最初に歌おうと思ってから3年くらいの
時間が流れているとのこと。
「自分は40代の男ですが、宇多田さんが
この曲を発売された時は、まだ10代でした
からね」

「ご自分のものとして納得できる仕上がりになる」
までに、じっくりと曲と向き合う時間が必要なのだろう。

今回の収録曲で、私が純粋に、
(懐かしいなぁ)
と感じたのは、「はじまりはいつも雨」(ASKAさん)。
発売当時、好きでよく聞いていた。

これに限らず、収められている曲は、現代を
代表する歌手の名曲ばかり。中西さんが
歌われると、記憶の片すみに追いやられて
いた曲も、たちまち、再びスポットライトを浴びて、
輝き始める。

しかも、コンピレーションCDではなく、
「今の歌声とサウンド」なので、ただ懐かしいの
ではなく、オリジナルを初めて聞いた時から
今までの自分の歩み、変化、成長…
さまざまな思いが押し寄せ、また元気に
生きていこう、という気持ちになれる。

だから、「名曲とは、自分と共に生きている」。


このCD、前作同様、アレンジは京田誠一さんと
新川博さん。中西さんのヴォーカルの
素晴らしさが引き立つアレンジで、聞いていて
心地良い(また、男性には、カラオケや弾き語りの
練習用としてもオススメ)。

特典として「最後の雨2007」のPVのDVD付、また、
私は山野楽器で購入したので、「LAST CALL」の
ライブCD付。こういう特典も楽しんでいると、
じわじわと次のオリジナルCDへの期待も高まる!

CDはシンプルな構成だけれど、中西さんのライブは、
ピアノ弾き語りやフルバンドなどのスタイル、また、
セッションなさる方の違いで、いつも様々な面を
見せて下さり、とても楽しい。

だから、ライブに行くと、CDで聞かせて下さって
いるのは、中西さんのほんの少しの引き出しから
出した部分に過ぎず、多くの引き出し、つまり、
可能性を持つ方だとはっきりわかる。

全国でCD発売インストアイベント、ライブ、また、
東京ではディナーショーも予定されている。皆さん、
ぜひCDだけでなく、生で、中西さんの多くの面に
触れてほしい!!

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« 古典を生活に生かそう 2008年11月の思い | トップページ | 身近なハッピー!のヒント Vol.8 「似合う」は味方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/43034739

この記事へのトラックバック一覧です: 中西保志さんCD「Standards3」 共に生きる名曲たち:

« 古典を生活に生かそう 2008年11月の思い | トップページ | 身近なハッピー!のヒント Vol.8 「似合う」は味方 »