« 中西保志さんCD「Standards3」 共に生きる名曲たち | トップページ | 教育カフェテリア第53回更新 「ふたつの努力」 »

2008/11/07

身近なハッピー!のヒント Vol.8 「似合う」は味方

アメリカは、新しい大統領にバラク・オバマ氏を
選んだ。

アメリカ合衆国史上、初の黒人大統領。
確かに世界は変わっていくという思いが、
多くの人々の中を駆け抜けたことだろう。

そのオバマ氏の、ミシェル夫人の勝利宣言での
服装が、今、物議をかもしている。黒と赤のドレス、
インパクトありすぎるほどで、せっかく、今まで
大変好印象で受け止められていたのに…と
いうことらしい(写真はこちらで)。

ファッションとは、お金をかけて最新流行のドレスを
着ればいいものではない。「似合う」かどうかが、
いちばん大事。似合わないものを着ていると、
服だけが浮いて見えてしまう。いわゆる
「悪(わる)目立ち」。

他人に会ったり、人前で話をする時など、その
「悪目立ち」の装いだけが印象に残り、肝心の
話の内容は残らない。

その次に大事なのは、場にふさわしい、という
ことだろうか。せっかく素敵なものでも、場に
ふさわしくなければ、やっぱり「悪目立ち」してしまう。

思春期から「自分に似合う色」を探すのが好きな私だった。
きっと、独身時代から、似合う色の服や着物を選んできた、
母の影響が強いのだろう。母には洋裁の得意な姉(私の
伯母)がいて、私は幼い頃、母とお揃いのワンピースなどを
作ってもらって着ていた。こういう環境から学んだことも
多いのかもしれない。母も伯母ほどではないにせよ、
ミシンを踏んで洋服を作ってくれた。

そして、私は仕事をするようになってからは、「似合う色」
以外に、「悪目立ち」しないことも意識している。私の
話の内容が生徒たちに伝わらなかったら、それこそ、
プロとして失格だと思うから。

記憶を紐解くと、高校生の頃など、おしゃれ、という
言葉でくくれない、明らかに組み合わせの珍妙な
服装の先生のことなど、友人たちで、
「○○先生の今日の服、おかしかったね」
などと話していた。時は流れ、今は、自分が同じことを
言われないようにしている。


Blog081107


数年前、
ワイドショーの
「亭主改造計画」などで
おなじみの、カラー
コーディネーターの
方の講座が受けられる、と
いう話を、職場を通して知った。

運よく当選、早速出かけてみた。
自分で今まで似合う、と思っていた
以外の似合う色、ヘアスタイルなども
知ることができ、自分のおしゃれの幅が
ぐん、と広がった。

何色が似合うか、こういう講座を受けるのが
近道だけれども、機会がない場合。
一番簡単なのは、折り紙を買ってきて、
金色と銀色を頬のそばに持って行き、鏡で
チェック。似合うほうが、「自分のベースカラー」
なのだそうだ。

そして、日本には四季がある。
金色系…春と秋に咲く花
銀色系…夏に咲く花
このイメージで自分に似合う色を選んでいくと、
たいてい、失敗しない。ちなみに、日本人は
金色系が多いとのこと。

「似合わない色を身につけている=ファッションを
自分の味方にしていない」と思う。
そして、会っても話の内容が残らないのだから、
いったい何をしているのか、まったく無意味に
なってしまう。こんなことは、誰しも避けたい。

だから、「似合う色を身につけている=
自分の味方を知っている」。

似合う色を知っていれば、多くの人から
好印象で受け止めてもらえる。

自分が好印象になるだけでなく、家族の
印象アップにも気を配れば、何倍も
好印象で受け止めてもらえるようになる。

そして、お店で、気のすすまないものを
勧められても、
「これは私に似合いませんので」
と、はっきり断れて、無駄な買い物をすることもない。

人生において、なんでも、味方が多いのに
越したことはない!!

もちろん私も失敗や試行錯誤を重ねて、今に
たどり着いている。これからもいろいろ試着したり
チェックしたりして、「味方」を増やしていくだろう。

「先生、今日のスカートいいね!」
生徒にこう言われる、そして、確かに内容の伝わる
仕事をし続ける私でありたい。

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« 中西保志さんCD「Standards3」 共に生きる名曲たち | トップページ | 教育カフェテリア第53回更新 「ふたつの努力」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/43043126

この記事へのトラックバック一覧です: 身近なハッピー!のヒント Vol.8 「似合う」は味方:

« 中西保志さんCD「Standards3」 共に生きる名曲たち | トップページ | 教育カフェテリア第53回更新 「ふたつの努力」 »