« 身近なハッピー!のヒントVol.11 思いは言葉にのせよう | トップページ | 教育カフェテリア第57回更新 「就職活動」について »

2009/03/28

映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』 知ることは生きる力になる!!

現在公開中の映画、
『ジェネラル・ルージュの凱旋』

先日思い立って、見に出かけた。原作は
海堂尊さん、ただ、原作と映画は異なる
部分が多くある。

前作『チーム・バチスタの栄光』も私は
見ていなかったけれど、救命救急、つまり
「救命=命を救う(生きる)」ことが根源に
あると思って、見たくなった。

主なキャストは、
・竹内結子さん(心療内科医)、
・阿部寛さん(厚生労働省官僚)、
・堺雅人さん(救命救急医)。

大学病院勤務医の竹内さんのもとに、
堺さんの不正を内部告発する文書が届き、
物語が始まる。

もちろん、内容は映画館で確かめて
いただきたいので、詳しくは明かさない。

映画を見て、改めて考えたことが3点。
1点目は、昨年7月に発覚した大分県での
教員採用不正事件のように(2008/8/2記事)、
「誰のほうを向いて仕事をしているのか」と
問いただしたい人がいること。これはとても
許しがたい。

教員採用不正では、点数が足りない受験者を、
コネなどの理由で合格させ、「実力不足」教員を
公的機関の「お墨付き」で生み出していた。

この映画では大学病院での人間関係に、
憤りを覚えた。
映画に限らず、大学病院や大病院を話題に
すると、必ずといっていいほど出てくるのが、
教授の人事権、学閥、教授同士のいさかい
などの問題。

現実に「A大学が○○市民病院を支援」と
言うと、「我がB大学は支援できない」と、医師を
引き上げるところがある。でも、本来、病院は
「患者を治療する」ために存在していて、
大学間の争いの場ではないはず。

教育現場でも教員の学閥などでトラブルが
起きることがある。都会ではあまり問題に
ならないが、大学の少ない、地方都市では
シビアな問題ではないだろうか。

こういう構造は政権交代などで、根本的に
変えて行かねばならない。

2点目は、現代の医療のあり方と行方。
救急救命や産婦人科は医師が足りない。
たとえば、救急救命病棟が満床なら、
医師が急患を受け入れたくても
受け入れられない。

産婦人科では、現在、手厚いケアで有名な
東京の愛育病院でも、医師不足からくる
労働基準法違反が指摘されている。
こういった問題も、医師養成の課程から、
抜本的改革をしなければならない。

高齢化社会の現在、「最期まで看取ります」と
いう老人ホームにいても、意識不明などに
なれば、救急病院に搬送される。医療が
高度化しているので、本人や家族が
延命治療を望めば、極端に言えば植物状態で
何年も「生かされる」こともあるかもしれない。

そして、仮にそういうお年寄りで病院が満床で、
そこに運ばれた(治療すれば元気になるはずの)
働き盛りの人が救命されないことも起こりえるかも
しれない。
だから、自分で「延命治療を希望するか」
あらかじめ意思表示をすることが重要になってくる。

また、産婦人科が足りなくては子どもも産めない。

そして、バンバン薬を出す医師。患者側も、
まず根本的原因を解決することを望むのが
先ではないだろうか。

薬はもちろん病気の治療には必要で、薬を飲んでは
いけない、などとは思っていない。でも、
「薬を飲む根本的原因」を解決・改善しないで、
薬を飲めばOK、というものではないだろう。
このことは、私のかかりつけの病院の医師に
言われたことでもある。

最後は、トリアージ。この言葉は近年
救急救命の現場だけでなく、一般にも
広がりつつある。私も既に知っていたけれど、
映像などで見ると、万が一自分や家族が
当事者になったら、覚悟ができるか、と胸に
ささった。

救命救急や医療は、専門家以外は、普段は
身近に感じることはない。でも、ある日突然
お世話になるかもしれない。そういった時に、
知識をまったく持っていないのと、素人なりに
知識を持っているのとでは、対応の仕方などが、
当然、違ってくる。

知識を持っていることは、生きる上で、
プラスになる。

単なる「勉強」という意味の知識ではなく、
「知ることで自分の人生を豊かに、
前向きに、幸せにしてくれるもの」を得たいし、
これを得る大事さを、教室で向かい合う
生徒たちはもちろん、多くの人に伝えたい。

(介護のことも、知識を得ると、もちろん、
プラスになる。私なりの視点で発信する
準備を重ねているので、お待ちいただけたら
ありがたい)

この映画は、ミステリーの謎解きも楽しめるし、
笑える部分もたくさんある。そういった意味でも
オススメ、だから、ぜひ多くの人に見て
いただきたい!!

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。


|

« 身近なハッピー!のヒントVol.11 思いは言葉にのせよう | トップページ | 教育カフェテリア第57回更新 「就職活動」について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/44492863

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』 知ることは生きる力になる!!:

« 身近なハッピー!のヒントVol.11 思いは言葉にのせよう | トップページ | 教育カフェテリア第57回更新 「就職活動」について »