« 【速報】稲垣潤一さん ファンの集いVol.4 参加報告とお礼 | トップページ | 稲垣潤一さん ファンの集いVol.4 幸せの確認 »

2009/07/29

中西保志さんLive in MANDALA 思い出のある幸せ

Blog090729a

6/17、中西保志さん
ライブを見に,
南青山MANDALAへ出かけた。


ここでのピアノライブは通算8回目。
今回のピアニストは竹越かずゆきさん
最近ご一緒するようになったばかり。


Blog090729b

ライブ前、新しくできた、花畑牧場 ホエー豚亭
食事。夜は基本的にコースの
お鍋のみだけれど、カウンターと
テラスに空席があれば、\1,200-と、
ランチと同じお値段でお食事ができる。

MANDALAのちょうど道を隔てた反対側には
花畑牧場カフェがあり、そこを通り過ぎると
道に看板が出ていて、それを目印に小道に入る。
おいしい食事を終え、お店へ急ぐ。

ライブは毎回チケットを取るのが困難で、しかも、
新しいファンが増えている気がする。中西さん
世代を中心に、女性が圧倒的に多く、9:1の客席。

19:35、「Cheers」でライブが始まる。デュエ・
ボットーニ、しかもクレリック、おしゃれなピンクの
シャツを、さらりと着こなされている。

「皆さんこんばんは…」
ご挨拶のあと、
「間もなく48歳になるので(お誕生日は7/18だった、
遅ればせながらこの場でお祝い申し上げたい!!)…
前立腺ガンについてのイベントに先日呼ばれまして」
と、6/14に行なわれたJAYWALKとの共演イベントの話。
「自分もそういう世代になっている、ということですね。
男性の皆さん、50歳になったら、年に1度は検診を受けましょう。
それが愛する家族を大事にすることにもつながります」


「自分はデビューが遅くて30歳近かったのですが…」
そのまま、デビュー当時の話になる。
「当時はLOOKの鈴木トオルさん小野正利さんなど、
男性はいトーンの流れがありましてね、自分も昔の
音源を聞くと、『こんなキーで歌ってたんだ!!』と、
びっくりです。でも、今日はそのキーにチャレンジします」

「君が微笑むなら」、「思い出を閉じ込めて」、「千年前から
見つめていた」、そして、「愛が見えたとき」と、とても懐かしく、
嬉しいナンバーを、当時のキーでしっかり歌って下さった。
「愛が…」は、ラスト前のアレンジが素敵だった!

「もう、デビューして17年になりますが、いまだに中学生の
時で止まっているような部分もありまして…」
同窓会の話などにつながっていく。

(感性豊かでみずみずしい、思春期の生徒と向き合うのは、
大変だけれど、何物にも代えがたく面白い)
生徒たちの顔を思い浮かべる。

「大人はさぁ、子どもの時の気持ちを忘れちゃうんだよ」
と言った生徒に、
「そういう人もいるかもしれないけれど、覚えている人も
いるよ。私は、その頃のことを思い出しながらみんなと
向き合っているつもりだよ」
そんなことを言ったばかりだった。

そして、「あの日の少年」、「前略、お元気ですか」の
新曲2曲をご披露。どちらも、思春期をさまざまな思いで
見つめて、前向きに生きていこうとする、素敵な曲だった。

また絶対聞きたいし、CDにして欲しい!
関係者の皆さん、ぜひともご検討を!!

「LAST CALL」で前半終了。

30分の休憩後、パープルのポロシャツでに変えて、
ご登場。「ハナミズキ」、「真夏の果実」と、
「Standards」シリーズのカバーで再開。

「続いては、無茶振りリクエストコーナーです」
スタッフさんなどからの難題な(でも、きっと
似合う)リクエストに応えられていく。

「黄昏のビギン」、「時の流れに身をまかせ」、
「ラヴ・イズ・オーヴァー」と3曲を歌われる。

「『時の流れ…』はテレサ・テンさんが歌われて
いて、デビューの頃、有線放送大賞でご一緒
したことがあるんです」
「(歌で描かれる)こういう女性も、もういないかも
しれませんが、寄り添いたいと思わせる男性も少ないのかもしれませんね」

「Time goes by」、「もうひとつの土曜日」、「いっそ
セレナーデ」。「いっそ…」は、ピアノだけのアレンジが
歌のよさを際立たせていた!!

ピアノの竹越さん、力強い伴奏だと思っていたら、
中西さんのご紹介で納得。現在、ゴダイゴのツアー
サポートメンバーでもいらっしゃるそうだ。

「最近は、つるの剛士さんもカバーしてくれていて、
嬉しい限りです」
「最後の雨」で、本編終了。

鳴り止まぬ拍手に応えて下さり、アンコールで、
「Stardust」。22:10、ライブはお開きになった。

「君が微笑むなら」を聞くと、いつも思い出すことが
ある。
たぶん、15、6年前。確か、中野サンプラザでの
ライブだった。
「この曲は、清水圭さん・香坂みゆきさんご夫妻の
結婚パーティで歌ったんです」
そう言われてから、歌って下さった。清水さんと
中西さんが同じ大学のOBでいらっしゃるご縁で、
パーティに呼ばれたそうだ。

それ以来、この曲は、私にとって、「幸せの象徴」と
なって、ずっと輝いている。

懐かしい歌を聞くと、その当時の自分、できごと、
楽しかったことやつらかった思い…すべて走馬灯の
ように駆け抜けていく。そういう思い出がたくさん
あることは、一生懸命生きていた、なによりの証。

(思い出があることは、自分の財産なんだ)
もちろん、思い出にただ浸るのではなく、そこから
また、新しい未来へ向けて生きるエネルギーを
もらえばいい。

そういう思い出が増えるように、精いっぱい生きていこう。
心でそう誓い、青山通りを家路に急いだ。

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« 【速報】稲垣潤一さん ファンの集いVol.4 参加報告とお礼 | トップページ | 稲垣潤一さん ファンの集いVol.4 幸せの確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/45779523

この記事へのトラックバック一覧です: 中西保志さんLive in MANDALA 思い出のある幸せ:

« 【速報】稲垣潤一さん ファンの集いVol.4 参加報告とお礼 | トップページ | 稲垣潤一さん ファンの集いVol.4 幸せの確認 »