« 身近なハッピー!のヒント Vol.15 転んでもいい、泣きながらでも立ち上がって、歩き出そう!! | トップページ | ブログ5周年お礼 »

2010/01/02

自分らしく芯を持って 2010年1月の思い

Blog100102a

2010年、新年
おめでとうございます。

今年も笑顔になれる、
元気になれることをたくさん
発信していきます。
どうぞ皆様、今年もよろしくお願い致します。

-------------------------------

今年最初の記事は、新年にふさわしく、落語の話題。

私は大学時代から落語を見るのが好き。小さい頃から
「笑点」など見て育ったせいもあるのだろう。

柳家小さんさんのとつとつとした語りの「時そば」、
春風亭昇太さんの新作落語…落語もある意味
「生」=ライブだから、その時々で違うものが見られ、
また、自分の年齢や心境でも感じ方が違うところに
醍醐味がある。

この数年、新宿・紀伊国屋サザンシアターで行なわれる、
笑福亭鶴瓶さんの落語会を見に行くのが
楽しみのひとつになっている。

Blog100102b


ロビーには交友関係、
出演番組の幅広さから、
驚くほどの数とお名前の札の
並んだお花が並ぶ。
ちなみにこれはおととし、
石井竜也さんからのもの。

おととしは柳家三三(やなぎや・さんざ)さん
高座と共に、また、昨年はナイツの漫才と
共に楽しんだ。

三三さんは私と同世代、でも、落ち着いた語り口は
年齢以上の風格を感じさせ、
「ああいう語り、したいわぁ、でも、俺にはできへん」
と鶴瓶さんに言わしめていた。

ナイツは正統派漫才が、幅広い年代に受けていた。
(昨年のM-1、ナイツの決勝進出を応援して
いたのに、残念!)

さて、鶴瓶さんの落語。
あの人懐っこい、テレビそのままの語りと笑顔で、
客席をどんどん話の世界に引き込んでいく。
古典から新作、何を聞いても楽しい!

鶴瓶さんは破天荒に見えるけれど、「死神」を
演じられる前に、きちんと台東区・全生庵
(「死神」を作った初代・三遊亭圓朝の墓所)に
お参りされる、筋を通すべきところはわきまえて
いらっしゃる方。
つまり、「何を基本に押さえ、何を自分なりに
崩して良いか」芯がおありの方。

そういう芯を持ちつつ、あの笑顔で来られるの
だから、聞き手の心に話がすっ、と入ってくる。

柳家三三さんの語りをうらやむ鶴瓶さんに、
(でも、鶴瓶さんは今のままがいい)
客席の大半の方は、こう思ったことだろう。

古典から現代まで、というのは、私の専門と、
ある意味同じ部分もある。私はよく、生徒たちに
こう言う。
「古典が今でも読まれているのは、現代に
生きる私たちにも、生きるヒントがあるから」
そう言って話のポイントを説明すると、皆、
良く聞いてくれる。

もちろん私は、鶴瓶さんにはなれないし、
落語家を目指しているのでもない。
でも、鶴瓶さんのように、
自分らしい芯を持ち、
今の世に大事な真実を、
わかりやすく、私の
言葉で伝えたい。

改めて今年の始まりに、そう決意する私がいる。

【追記】
「毎日.jp」で、こんな記事を見つけた。鶴瓶さんが
皆さんのお近くに来られるかもしれない、
その時は、ぜひ足を運んでいただきたい。

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« 身近なハッピー!のヒント Vol.15 転んでもいい、泣きながらでも立ち上がって、歩き出そう!! | トップページ | ブログ5周年お礼 »

コメント

おはようございますhappy01

落語は全く分かりませんが

好きなことに打ち込めるって素敵なことだし、

大事な事だと思いますconfident

昨年はクマ家でとても悲しい出来事weep
ありましたが

音楽がnote助けてくれましたconfident

これからも時間の許す限り続けていこうと
思ってますgood


昨年はお会いする機会が持てなくて
残念でしたがdespair

今年はお会いできる事を楽しみに
していますconfident

投稿: kumasanchi@2号 | 2010/01/02 09:11

>kumasanchi@2号様

ご無沙汰しています、
コメント嬉しいです、
どうもありがとうございます。

皆さんそれぞれ、悲しみや
喜びを共にしながら
生きているのだと改めて
気づかされることの多い
最近です。

そして、悲しみを慰めて
くれたり、喜びを増幅
させてくれる、大事な、
かけがえない存在が
皆さんにあることも。

今年はどこかで、そして、
笑顔でお目にかかれる日を
楽しみに頑張ります!

どうかkumasanchiご一家皆様、
素敵な1年になりますように
お祈りしております。

投稿: つきのみどり | 2010/01/02 16:05

鶴瓶さんはフリートークでは抜群に
うまいと思います。学園祭で話していた
青木先生は今は落語の噺になってますね。

9年前からは3回ぐらいしかお会いしてませんが、
一門のお弟子さんへは毎週近くのFM番組の
見学に行ってます。六代目松鶴師匠宅だった
帝塚山無学のお弟子さん主催の年3回の
勉強会も通ってます。そのあとは気楽に
打ち上げまで。21年の落語の付き合いは
離れられません。

毎年9月の彦八まつりでは屋台の仕入れ
アドバイザーも。単に安いところを教えた
だけですけど。 

今年は昨年デビューの地元発の
女性デュオが第二弾シングルを出すので
行動範囲も変わるかも。今のところは
24日今年初めて上京し2つのライブに。

昨年に引き続き今年もよろしくお願いします。
それでは。

投稿: 浜ちゃん | 2010/01/04 13:19

>浜ちゃん様

今年もよろしくおねがいします。
お立ち寄りとコメントありがとう
ございます。

この記事、浜ちゃんの
ことを思い出しつつ
書きました。
鶴瓶さんは上方落語家さん
ですものね!!

またライブなどでお元気で
お目にかかれるのを楽しみに
しています。

投稿: つきのみどり | 2010/01/04 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/47181026

この記事へのトラックバック一覧です: 自分らしく芯を持って 2010年1月の思い:

« 身近なハッピー!のヒント Vol.15 転んでもいい、泣きながらでも立ち上がって、歩き出そう!! | トップページ | ブログ5周年お礼 »