« 教育カフェテリア第64回更新 「子どもを伸ばさない環境、教員」について | トップページ | 追悼・石井好子さん »

2010/06/27

稲垣潤一さんLive in 国際フォーラム 今までの、そして、これからの道

6/5、稲垣潤一さんのライブ、
Junichi Inagaki Live Tour 2010
~featuring “男と女”~で、
国際フォーラム・ホールCを訪れた。


Blog100627


実に生の稲垣さんを拝見するのは
半年振り。忙しい中、しっかりここは
スケジュールを空け、お金を振り込み、
当日を楽しみにして、いざ、有楽町へ。

いつものように入り口からエスカレーターで客席へ。
木の床が特徴のホール、久々に足を踏み入れる。
会場には「雨に唄えば」などのポップスが流れている。
ご夫婦、親子、土曜とあって客席も多彩。

17:30の少し前、サウンドチェックが始まる。
17:42、サポートの皆さんが出ていらして、
イントロが始まる。

今日はキーボードがお二人なのも気になる。
イントロは3分くらい続いただろうか…
(この曲、何だろう)
当然アレンジしてある。待望の稲垣さんご登場、
オリジナルのイントロが流れ出す。

(!!)
「バハマ・エアポート」、1stアルバムに入っていて、
一度ライブで聞きたかった曲!
(こんなに、意外で、しかも聞きたい曲が1曲目…)
この日の展開を予期させる始まりだった。

「夜汽車よ悲しみを乗せて」、「Stay With Me」と、
昭和の終わりから平成の始まりの頃の曲が続く。
この3曲、私にとっては懐かしく、同時に、ライブで
聞くのは初めてのものばかりだった。

「皆さんこんばんは、稲垣潤一です」
いつも通りのごあいさつ、客席も拍手で応える。
稲垣さんは控えめに光るグレーのスーツに、
やはり控えめに光るネイビーのシャツ。

「今年デビュー28周年を迎えます…今日はTV収録※も
あり、客席の皆さんのご様子がよくわかるよう、
客電も明るめにしています」

ライブに戻り、「246:3AM」(1stアルバムタイトル同名曲)、
「唇を動かさないで」、「君らしくない」、「時の岸辺」。
「唇を…」から、バンマスの渡辺格さんはアコギ、
なかなか良い感じ。

「昨年はtwitterも始め、また、約20年ぶりに映画
『僕らのワンダフルデイズ』にも出て…次の曲は、
映画でご一緒し、仙台のチャリティDream Chain
(詳しくはここで)にも出ていただいた、
竹中直人さんからカラオケの際にリクエストされた
曲です…竹中さんご自身が重なるところも
あるのかと、僕は思います」
「ブルージン・ピエロ」だった。

「終着駅」秋元康さんの、奥深い詞の名曲。ここから、
伊豆田さんはギターを弾かれる。
(初めて見る!)
こうして、「稲垣バンド2010」(FC会報にこう命名
されていた)は、時にギター2台、キーボード2台で
曲に応じて、サウンドの厚くしたい部分を骨太にできる、
カッコいい音が鳴る。

「心からオネスティー」、「誰(た)がために…」心に
しみじみ響く、ミディアムテンポの名曲、私の
昔から好きな曲。「誰がために…」、林哲司さんの、
高度で歌手の良さを引き出すメロディ。最後の
転調も私はお気に入り。

(そろそろかなぁ…)
この日はゲストの告知がされていた。
「PIECE OF MY WISH」、そう、CD「男と女」で
デュエットなさった、辛島美登里さん
赤いドレスが大変よくお似合い。

「今日のゲスト、辛島美登里さんです」
「こんばんは…」
歌い終え、稲垣さんから辛島さんのご紹介、
辛島さんご本人のごあいさつ。

「稲垣さんは昔同じレコード会社にいて、
大先輩だったので、デュエットのお話を
いただいた時、私でいいのかなって不安が
ありまして…」
もちろん、今はそのかけらもないのだろう、
にこやかに話される。

そして、CDでは大貫妙子さんと歌われていたが、
今日はご本家と「サイレント・イブ」。

「ここでサプライズゲスト、松浦亜弥さんです!!」
会場、一斉にどよめく!ビジューのついた
黒のワンショルダーワンピ、帽子、
レギンスがかわいらしく、若さの中に大人びた
印象。

「歌の上手なアイドルにデュエットしていただきたくて、
白羽の矢を立てました」
歌の上手さは、以前、渡辺さんも言われていた。
今回、揃って歌われるのは初めて!もちろん曲は、
「あなたに逢いたくて ~Missing you」。

「デュエットって、CDと同じようなピッチで歌わないと
いけないので、大変緊張しました」
(自分の調子で勝手に崩したら、相手が困るものね)

立派に歌い上げられたあややちゃん、笑顔でご退場。
(辛島さん、あややちゃん、素敵な歌をありがとう
ございます)

稲垣さん、ここでドラムの前へ。鎌田さんがご退場。
「皆さん、ドラムの時はいつもの曲だと思って
いませんか…今回は違いますよ」

「君は知らない」、「Up To You 」ドラマー&シンガー、
稲垣さんのご熱演。

鎌田さんがドラムに戻られ、稲垣さん、再び前へ。
「マラソンレース」、「1969の片思い」、「1・2・3」で
大盛り上がりの中、本編終了。

そして、間もなくのアンコール。
「僕の歌はCMソング、タイアップが多いのですが…
これは化粧品メーカーのキャンペーンソングでした」

(やったー!)
「セブンティ・カラーズ・ガール」。これも1度ライブで
聞きたかった。春になると、毎年、私の頭の中で
流れている。

(あれっ?曲が短い…)
と思ったら、メドレー!
「バチェラー・ガール」、「ドラマティック・レイン」、
「オーシャン・ブルー」、そして、「クリスマスキャロルの
頃には」。

稲垣さんのライブでメドレーを聞くのは初めて、
それにしてもアンコールで?!
(今日は時間も長いのに…)

「今回のテーマは、裏をかく、とガツン!です。
56歳ですが、アップテンポをバンバン歌いますよ」
客席、大きく拍手。
(普段、大変な努力とご注意を払っていらっしゃる
からこそ、できること)

今回、「稲垣バンド2010」で、分厚いサウンドと
コーラスを聞かせて下さったのは、次の皆さん。

渡辺格さん(g)
岡沢茂さん(b)
伊豆田洋之さん(key)
恩田直幸さん(key)
鎌田清さん(d)

「大人の夏景色」。
(これがラストかな…)
と思ったら、「愛のスーパー・マジック」で、
ライブがお開きになった。

この日、私はライブ中盤から、相田みつをさんの詩を
思い出していた。ちなみに、相田さんの美術館は、
この日のライブ会場と同じ、国際フォーラムにある。


長い人生にはなあ
どんなに避けようとしても 
どうしても通らなければならない
道というものが
あるんだな
そんな時はその道を
黙って歩くことだな
愚痴や弱音を吐かないでな(以下略)
(相田みつを「道」)

道はじぶんで つくる
道は自分で ひらく
人のつくったものは
じぶんの道には ならない
(相田みつを「道はじぶんで」)

今まで切り開き、私が歩んできた道は、
間違いではない。
そして、私がこれから歩もうとしている
道へ、背中を押して、私の歩き出す勇気を、
励まして下さっている。

この日の選曲は、こういうメッセージを放っていた。

この数ヶ月、多くの皆さんが私をご心配して下さり、
また、元気でいるか、お気にかけて下さっている。

私自身は大変元気なのだけれども、こうして
気にして下さることが本当にありがたく、また、
嬉しい。
この場で改めて、心からお礼申し上げたい。

現在、大変な状況にいらっしゃる方々にも、
強い励ましのメッセージとなって、届くことだろう。

(稲垣さん、バンドの皆さん、スタッフの皆さん、
私は大丈夫です、今日は本当にありがとうございました)

この日のライブは、生涯忘れることはないだろう。

【追記】
※TV放送は以下の予定です。
7/30(金)NHK-BS2 23:00-24:30

なお、オフィシャルサイトにこのような
メッセージが掲載されました。

一部の方の行動だとは思いますが、
ルール・マナーを守らなければ、他のファン、
もちろん稲垣さんにも多大なご迷惑がかかります。

最悪の場合、ライブができなくなるかもしれません。
それは、誰にとっても望んでいないことでは
ないでしょうか。

お子さんを連れていらっしゃるのなら、どうか、
お子さんにもルールを教えていただきたいです。
集団で見ているのですから、「お金を払っているから、
好き勝手をして良い」という理屈にはなりません。

「マナーを守って、気持ちよく、
みんなが楽しくライブを見られるように」

ファンの一人であり、そして、音楽を愛し、
その楽しみを多くの方と分かち合いたい私からも、
この場で改めて皆さんにお願い申し上げます。

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« 教育カフェテリア第64回更新 「子どもを伸ばさない環境、教員」について | トップページ | 追悼・石井好子さん »

コメント

いつもいつも、会場の様子や
MCの端々まで、詳細なレポートに
感心させられます。

私も国際フォーラムに参加しました。
今回の構成は本当に斬新かつ大胆で、
稲垣さんご自身も勇気が要ったことだと
思います。みどりさんのおっしゃる通り、
私もこの日のライブは生涯忘れることは
ないと思います。

何年分もの色々な想いが全て詰まったと
でもいいましょうか、本当にスペシャルな
ライブでした。自分があらためて稲垣さんの
ファンであることを感じた時間でした。

投稿: エミィ | 2010/07/01 18:32

>エミィ様

お待たせしました、コメント
ありがとうございます。

>今回の構成は本当に斬新かつ大胆で、
>稲垣さんご自身も勇気が要ったこと

人は、年齢を重ねると「いつもの
パターンで良い」と思いがちですが、
改めてチャレンジや改革の大事さを
かみしめ、私も常に進化、
進歩を目指そうと決意しました。

>何年分もの色々な想いが全て詰まった…
>本当にスペシャルなライブでした。
>自分があらためて稲垣さんの
>ファンであることを感じた時間

同感です。
この場に立ち会えて幸せでしたね!
TVも楽しみです。

今後もまたよろしくお願い
致します。

投稿: つきのみどり | 2010/07/02 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/48737306

この記事へのトラックバック一覧です: 稲垣潤一さんLive in 国際フォーラム 今までの、そして、これからの道:

« 教育カフェテリア第64回更新 「子どもを伸ばさない環境、教員」について | トップページ | 追悼・石井好子さん »