« 【速報】鎌倉音楽祭 観覧 | トップページ | 鎌倉音楽祭 鶴舞2010 手放して、次の未来をつかむ »

2010/08/31

渡辺かおるさん&サントリィ坂本さんLive in REAL DIVA'S 隠れた宝石

8/24、渡辺かおるさんのライブが
六本木REAL DIVA’Sで行なわれた。


Blog100831a



REAL DIVA’Sには8/21の四角佳子さんの
Live(この記事)から3日後にまた伺った。

この日は、渡辺さんとサポートの
サントリィ坂本さん(pf)が、お店に
初登場でいらしたので、ささやかな
応援の気持ちと言う意味での訪問。

そう、四角さんの日は登場がなかったが、
お店にはグランドピアノが1台ある。
これを使って弾き語りのライブもできる。

四角さんの日は特別営業だった。今回は
通常営業。着いてみると、混んでいる。
「パーティが入っているのよ」
と、ラピスさん。

その脇を通り、おふたりにごあいさつ。
程なくして開演。渡辺さんは黒いドレス、
バックのリボンがかわいらしい。

渡辺さんは1999年にレナウンイエイエ
ガールに選ばれ、その後、コーラス
グループなどでさまざまに活躍なさり、
今年3月、サントリィさんのプロデュースで
初のフルアルバム「Make Up My Mind」を
発売なさった。CDにはサントリィさんをはじめ、
杉真理さんなどが曲を書かれている。

普段のお店は、20:00に1stステージが始まる。
1曲目は「Keep On Smiling」だった。
次の、「さよならが言えるまで」は、サントリィさんが、
かつて、やしきたかじんさんに書いた曲。
「ライムのひとりごと」は、杉真理さんの曲、
この2曲は渡辺さんのCD収録曲。全然違う
テイストの曲が、渡辺さんの甘くチャーミング、
でも実力のあるヴォーカルで、しっとりと響き渡る。

ここで、パーティの方のお祝い。みんなで、
「Happy Bilrthday!!」その後、ライブに戻る。
「人生の扉」(竹内まりやさん)。渡辺さんも
大好きな曲とのこと。その後、レナウンの
あの歌、「ワンサカ娘」で盛り上がる。


Blog100831b


1部のラストは、
サントリィさんとのデュエットで
「Always」、しっとりと。

この後、少し休憩。いらしている皆さんと
お話したり、おふたりも忙しい。
パーティご一行様が出て行かれた…
と思ったら、渡辺さんファンだろう、
男性が続々到着!あっという間に、店内の
9割が男性に。


Blog100831c


そして、21:20、2ndステージ開始。
「またひとりぼっち」(カーラ・ブオノ)の
弾き語りから。続いて、再びCDから、
「SA・KU・RA」、「シナリオ」。
「シナリオ」は女性に人気の曲、とのこと。

「愛の讃歌」は、英語、と思って聞いていたら
…最後は日本語で。
「テネシーワルツ」、お店に欠かせないA氏の
ブルースハープが入る。A氏が渡辺さんの
CDを聞かれたことから、今回のご出演が
決まったとのこと。2部ラストは、やはり
デュエットで「Perfect」、伸びやかなヴォーカルが
響き渡る。

「ワンサカ娘」は、弘田三枝子さんが初代歌手。
力強さとチャーミングさを兼ね備えた、ありそうで
なさそうな声。
(渡辺さんも、その流れなのね)
隠れた実力派歌手の渡辺さんの良さが、もっと
広まってほしい。

サントリィさんがご一緒だと、面白いシーンもたくさんある。
今回は初のお店なので控えめに感じたが、これはまた
次回以降のお楽しみ。

本当はお店では、3部までライブがある。でも、私はここで
今回は時間切れ。
「ありがとうございます、また来ます」
笑顔で皆さんにごあいさつ、また新しい出会いの
楽しさに感謝して帰宅した。

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« 【速報】鎌倉音楽祭 観覧 | トップページ | 鎌倉音楽祭 鶴舞2010 手放して、次の未来をつかむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/49307940

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺かおるさん&サントリィ坂本さんLive in REAL DIVA'S 隠れた宝石:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010/09/01 11:15

« 【速報】鎌倉音楽祭 観覧 | トップページ | 鎌倉音楽祭 鶴舞2010 手放して、次の未来をつかむ »