« おかえり、はやぶさ! 科学の可能性と日本の課題 | トップページ | 【速報】鎌倉音楽祭 観覧 »

2010/08/27

四角佳子さんLive in REAL DIVA'S 優しさの向こうの強さ

Blog100827a_2


8/21、四角佳子さん
ライブが六本木
REAL DIVA’Sで行なわれた。

いろいろなことが重なり、長らく四角さん…
おけいさんのライブに伺っていなかった。
改めて調べたら、ソロとしては2007/11/3
(この記事)以来。六文銭’09
(旧・まるで六文銭のように)としても、
2008/4/10(この記事)以来。
でも、その間の自分の出来事を思えば、
納得の長さ。

おけいさんは昨年夏、1stソロCD「初恋」を
リリースされた。発売直後に、CDは買っていた。
キャンペーンでラジオ番組にいくつか出演されたのも、
もちろん聞いていた。

でも、自分は大変な激動の日々の中。しかも、
ご無沙汰している。何を掲示板に書けばいいのか、
心の整理がつかない。以前は普通に書いていたのに。

月日は流れ、私の身辺も落ち着いた。そして、CDを見て、
「ライブ行こう!おけいさんに会おう!」
こういう気持ちになれた。

REAL DIVA’Sはレディ・ラピスさんがママさんのVocal Bar。
昨年9月の開店、まもなく1周年。ラピスさんは、おけいさんの
古くからのお友だち、私は2007/7/7(この記事)、茅ヶ崎での
ライブで初めてお目にかかった。夢占いのi-modeサイト
「夢おむすび」を開設なさったり、夢占いの本を出されてもいる
(blog右サイドバーから購入可能)。
今は、夢占いとママさんの両輪でがんばっていらっしゃる。

お店には今年夏、初めて伺った。女性一人でも気兼ねなく
立ち寄れる、素敵なお店。月曜日はのんびり会話が
楽しめ、それ以外の営業日は、毎晩どなたかのライブが
開かれている。ちなみに、出演者のセッティングは、
小野ひとみさんがプロデュースなさっている。

この日は、知人のむっちんさんをお誘いし、一緒に
出かける。まず向かったのは、つるとんたんという、
京うどん店。ここは六本木の交差点から、お店に
向かう途中にある。夏木マリさんプロデュースとのこと。


Blog100827b_2


大きなお椀、
色は薄いけれど、
しっかりした良い味のお出汁。
甘めに煮た油揚げがまたおいしい。
むっちんさんは冷たいおうどんをご注文。
二人とも、おいしく完食。お店でひとしきり話に
花を咲かせ、いざ、REAL DIVA’Sへ。


Blog100827c_2


ラピスさんに
ごあいさつ、着席。
お話しているうちに、おけいさん、
わざわざ客席へ来て下さる。
「お元気そうで…」
「ありがとうございます、大丈夫です!」

そして、20:07。古橋一晃さん(g)を伴い、
おけいさん、ステージへ。オレンジの
チュニックに白いデニムのレギンス、
黒いバレエシューズで夏らしく、颯爽と。


Blog100827d_2


「ホワンポウエルの街」で
ライブスタート。
「こんばんは」
にこやかなごあいさつ。
「猛暑で、さすがに今年は、へばりました」
「この大空に捨ててしまおう」、「木の椅子」
(六文銭’09)。「木の椅子」初めてライブで聞く。
シンプルで、素材の良い椅子が脳裏に浮かぶ。

「六文銭の曲は、『面影橋から』のように、私が
メインヴォーカルではない曲は、ひとりでは
歌えないのですが…この前とあるライブハウスで、
数日前にライブをした及川恒平さんが、ご自分の
歌をMDに残してくれてあったので、それに重ねて
私も歌えました。こういう手段もあるのですね」

「夏・二人で」。この日はMDではなく、古橋さんが
メインヴォーカル。古橋さんの優しいお声が響き渡る。

「胸の振り子」、懐かしい曲、おけいさんの低音が
良く合う。「かざぐるま」、小さな風車がいくつも
元気に回るイメージ。「ただあたたかくカラッポに」。

そして、「私の青空」は古橋さんのギターソロが
途中で入る。「カントリーの匂いのギター」
(おけいさん・談)で前半修了。

休憩中も、客席を回って下さる、お疲れなのに、
お優しいおけいさん。
後半は21:30、猫の常富善雄さん(g)を迎え、
おけいさんもギターを抱えられ、「うれしくて」でスタート。


Blog100827e_2


いったんギターを置かれ、
「初恋」。そして、再びギターと
共に「Circle Game」。ジョニー・ミッチェルの
歌に常富さんが訳詩。ただし、テンポは
ずいぶんゆっくり。

「Tonight You Belong to Me」、「How Insensitive」と
洋楽ナンバーが続く。「How…」は「イパネマの娘」でも
おなじみ、作詞がヴィニシウス・ジ・モライス、作曲が
アントニオ・カルロス・ジョビンというヴォサノバの
スタンダード。

ここで、古橋さんのインストをはさむ。古橋さんは私と
同世代、おふたりからは「カーくん」と呼ばれ、
かわいがられ、また、信頼されている。
(古橋さんは「スーパーカントリーバンド」でご活躍中、
また、ギタースクールも開講中とのこと。詳しくはこちらで)


Blog100827f


「ささやかでも愛の歌」、「誰かが星を見ていた」。
「誰かが…」は、このメンバーでは初のお披露目
とのこと。

「実は今年は発熱しまして…まだ咳などして、
失礼しました」
曲間で、おつらそうにしていた原因がわかる。

今年は梅雨明け後大変な猛暑が来て、その後
今月に入ってもまた猛暑、出かけると涼しく、
一歩出れば熱風…ご体調を崩すのも無理からぬこと。
(どうぞお大事に)

「旅の途中」で無事本編終了。間もなくのアンコール、
「出発の歌」と「インドの街を象に乗って」でライブが
お開きになった。

約2年半ぶりに拝見した、ソロライブ。気づいたのは、
「お優しい歌声の向こうに、強さが見える」こと。

この1年の間に、10日連続ツアーなども経験なさって、
お優しい歌声に、力強さが加わったように感じた。
もしかしたら、もともと、おけいさんの中に
おありだった部分が、はっきり感じられるように
なったのかもしれない。

ライブ後、おけいさんの公認サイトの管理人Uさんや、
他のファンの方などとお話しする。掲示板に
書き込めなかった私のためらいを話すと、
「いいんですよ、気にしないで書いてくれたら」
おけいさんとUさんともどもの、笑顔。
このお気持ちが、なんともありがたく、
胸にしみるほど嬉しかった。

ラピスさんにもお礼を言い、笑顔でお店をあとにする。
(来て良かった!ありがとうございました!)
大人の女性の優しさ、強さに再び出会えた、
素敵な時間だった。

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« おかえり、はやぶさ! 科学の可能性と日本の課題 | トップページ | 【速報】鎌倉音楽祭 観覧 »

コメント

smileつきのみどりさん、ご無沙汰してました。
会場でお目にかかれてなんとも嬉しかったです。
お元気そうで安心しました!

また以前のようにいろいろなライブ会場で
お目にかかれることを願ってますね!

しかしアバター似てますね~

投稿: | 2010/08/28 00:30

>U様

ご丁寧にこちらへのコメント、
ありがとうございます。

私も、お元気な皆さまに
お目にかかれて嬉しかったです!

今後もまた、よろしくお願い致します。
m(__)m

アバターは先日、niftyの都合で
変えたばかりなのですが、
結構気に入っています♪

投稿: つきのみどり | 2010/08/28 11:15

本当にお見事なライブレポートですねー。
さすがです。

それにUさんのおっしゃるように、
アバター似すぎですhappy01
かわいい。

そうそう、ブログに見とれていて
おすすめ本を掲載していただいた
お礼を言うのを忘れてました。

「夢辞典」のアップありがとうございます。

自分にとっては子供のような本ですから
とってもうれしいです。
少しでもみなさんの夢を解く参考になればと思います
m(_ _)m

投稿: ラピス | 2010/08/28 13:47

>ラピス様

こちらこそ、もろもろ
ありがとうございます。

コメントまでいただいて
恐れ入ります。

お店もご本もですが、普段の
仕事だけでは出会えない方と
ご縁があること、とても
大事にしたいと思っています。

「夢辞典」は大変便利に、
わかりやすく夢の内容が
解けますから良いですね!

これからもよろしくお願い
致します。

追伸
アバターは本人より「6割増し」くらい、
ということで…

また、勝手ながら2つのコメントを
見やすく1つにまとめさせて
いただきました。
悪しからずご了承いただけますよう、
お願い致します。

投稿: つきのみどり | 2010/08/28 14:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/49269741

この記事へのトラックバック一覧です: 四角佳子さんLive in REAL DIVA'S 優しさの向こうの強さ:

« おかえり、はやぶさ! 科学の可能性と日本の課題 | トップページ | 【速報】鎌倉音楽祭 観覧 »