« 鎌倉音楽祭 鶴舞2010 手放して、次の未来をつかむ | トップページ | NHK「ラジオ深夜便のうた」 今を生きる大人への応援歌 »

2010/09/23

谷口守さんとCiel Blue Live 一流のプロの奥深さ

9/10、谷口守さんとCiel BlueのLiveが、
三軒茶屋Grapefruit Moonで行なわれた。

Blog100923a_2


このバンドは渡辺格さんがいらっしゃるご縁で、
前からお名前は存じ上げていた。
でも、なかなか機会に恵まれない。

そんな折、知人のむっちんさんとのふとした会話の中で、
「谷口さんと一緒に飲んだ」というお話が出て、ビックリ!

「谷口さん…って、T.I.Sの谷口さんですよね?」
2年前、サントリィ坂本さんもいらっしゃるユニット、
T.I.Sのライブで1度拝見したことがある
(2008/8/20記事)。それは、サントリィさんを
通じてのご縁。

「みどりさんもT.I.Sをご覧になっているのね
…縁ってつながるものね~」
お互いに驚きつつ、この日、むっちんさんと
待ち合わせをしてご一緒した。

茶沢通りから右折、しばらく道なりに行くと
お店がある。このあたりはカフェ、立ち飲み屋、
昔ながらのお肉屋と直営のトンカツ店など、
雑多な顔を見せていて面白い。

開演直前に到着。お香もたかれ、
雰囲気の良いお店。ドリンクも、
ハーブティーなどもあり、幅広いラインナップ。

このバンドは、ポール・マッカートニーサウンドを
追求されている。当然、レフティ(左利き)の
谷口さん。今日は新しいリッケンバッカーの
ベース(4001)でご登場。ちなみに、
Ciel Blueは、フランス語で「青空」。

19:35、「Got to Get into My Life」、
「My Love」でスタート。
「こんばんは、たくさんのお客様に
ご来場ありがとうございます…早速
メンバー紹介を…今日は鎌田さんの
誕生日イブ、22歳になります
…平成になってから」
谷口さんの小技の効いたギャグを
織り交ぜながらのMC、思わず笑いが
止まらなくなる。

谷口守さん(b&vo)
渡辺格さん(g&vo)
鎌田裕美子さん(key&cho)
濱田尚哉さん(dr)
遠藤由美さん(vo&cho)


Blog100923b_2


男性お三方は、
稲垣潤一さんのツアー
メンバーでいらしたご経験あり。
渡辺さんは数年の空白を経て、昨年カムバック。
これは本当に嬉しかった。

鎌田さんは、やはり稲垣さんのツアー
メンバー、鎌田清さんのご夫人。
旧姓は田中さん、ヤマハの「コスモス」と
いうキーボードトリオにいらしたとのこと。

そして、遠藤さんはNTV系「今夜は最高」の
初代&2代目最高ガールズメンバー、
ユーミン吉田拓郎さん
などのコーラスでおなじみ。

書いているだけで、皆さんのキャリアの
長さとクオリティの高いお仕事ぶりがわかる。
女性陣は美貌も(blogでは美貌があまり
伝わらないのが残念)!

「And I Love Her」、「Birthday」。もちろん、今回は、
「Birthday」は鎌田さんのために。

基本的に谷口さんがリードヴォーカル、時々
格さんも。でも、遠藤さんの美声のご披露が
ないのはもったいない、ということだろうか、
遠藤さんで、「The Long And Winding Road」。
伸びやかで美しいお声。

この日は喉が本調子でないとのことで、
遠藤さんリードヴォーカルはこの1曲のみ。
(残念…)
アルバム(iTunesでDL可能)では、透明感ある
素敵な歌声を響かせていらっしゃる。

「Bluebird」、愛の力で自由になれるよ、という、
穏やかなメロディの中に応援のメッセージ。
「Honey Pie」、客席からの手拍子。
「The Night Before」で前半終了。アップ
テンポが多かったので、明るい気分のまま休憩へ。

後半は、オリジナル曲の「Eye Believe」、
「雨の日はバラードで」でスタート。

そして、改めて、今度は鎌田さんからメンバー紹介。
谷口さん、
「鎌田家の子どもになりたい!!」
鎌田家の素敵であたたかな様子がうかがえる。


Blog100923c


「Lady Madonna」。聖母子像を
ヒントに作られた、世の母親たちへの
励ましの曲。「Just Because」、
「I’ve Just Seen a Face 」。アップテンポの
ノリの良いナンバーが続く。

プロ、しかも音楽関連の学校の先生が
メンバーに多いので、
「この曲は2ビートです…」
と、時々、見本実演もして下さるのが面白い。
この時は濱田さんの演奏で。

「Twenty Flight Rock」。この曲をきちんと歌えた、
15歳のポールはジョン・レノンのいたバンドから
「メンバーに」と誘われる。そう、ビートルズの原点の曲。

「Juniors Farm」、「Back In The USSR」。「Back…」は私も
昔からお気に入りのナンバーのひとつ。これで本編終了。
「ロックでソビエト!」と驚いた高校時代を思い出す。
たぶん、初めて聞いたのは、当時楽しみにしていた、
杉真理さんのFMラジオ番組。

アンコールは、オリジナルの「虹のアイコン」と、
「She’s a Woman」。
ビートルズナンバー、その後のWings時代などの
ナンバー、また、オリジナル曲と多彩に楽しませて
いただいた。

普段のライブやTVなどでのお姿とは一味違う、
気心の知れたメンバーでの、リラックスしていて、
もちろん質の高い内容。ポールマッカートニー
サウンドなので、メロディラインの美しさやコーラス
ワークの豊かさも聞いていて心地良かった。

メンバーの皆さんの、一流ミュージシャンの
サポートのライブもいいけれど、プロの奥深い
技が堪能できる、こういうライブもぜひ多くの方に
見ていただきたい!

【追記】
曲目のご教示、また、お写真の掲載許可を下さいました、
谷口さんに心からお礼申し上げます。

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« 鎌倉音楽祭 鶴舞2010 手放して、次の未来をつかむ | トップページ | NHK「ラジオ深夜便のうた」 今を生きる大人への応援歌 »

コメント

はじめまして、
すみません、昨年の記事でしたね。
COSMOS関連の検索でこちらへ
訪問させていただきました。

鎌田裕美子さんとおっしゃる方、
旧姓:田中さんで女性キーボード・トリオ
COSMOSのメンバーだった方なのですね。 
3人ともとてもお綺麗だったのを覚えて
います。

TVで拝見したのは笑っていいともだけ
でしたが。私にとってはとても
ファンタジーな存在でした。
現在も音楽に関わっているのですね。
素敵です。

失礼いたしました。

投稿: どらえ | 2011/11/18 23:30

>どらえ様

はじめまして。
昨年の記事にコメント下さり、
嬉しいです、ありがとうございます。

どの記事も私にとっては大事な存在
なので、コメントをいただくのは
励みになります。

この日のライブでは、歌や演奏は
言うまでもないのですが、
谷口さんの、
「鎌田家の子どもになりたい!!」
というお声が心に残りました。

素敵であたたかなお人柄は、
きっと、どこでも変わらないのだろうと
想像できて、ほのぼのとしました。

またよろしければお立ち寄り下さいませ。

投稿: つきのみどり | 2011/11/19 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/49542135

この記事へのトラックバック一覧です: 谷口守さんとCiel Blue Live 一流のプロの奥深さ :

« 鎌倉音楽祭 鶴舞2010 手放して、次の未来をつかむ | トップページ | NHK「ラジオ深夜便のうた」 今を生きる大人への応援歌 »