« みやぎびっきの会Presents 東北大震災支援LIVE ~Dream Chain~ 杜の都へ思いを紡ぎ続ける | トップページ | 「レ・ミゼラブル」 再会の感謝と決意 »

2011/06/27

稲垣潤一さん30周年コンサート in 中野サンプラザ それぞれの思いが織りなす時間

6/9、中野サンプラザで開かれた、稲垣潤一さん
30周年コンサートに足を運んだ。
(以下、ネタばれ=セットリストあり、ご注意を)


Blog110626a


平日の夕方、一昨日と同じように、必死に駆け込み、
開演に間に合う。多くの女性ファンでにぎわうロビー、
そして、客席。

18:35、overtureが流れてくる。稲垣さんの曲に
美しいアレンジが施されている。サポートの皆さん、
そして、稲垣さんがご登場。

1曲目、「SHINE ON ME」でライブが始まる。早速前方の
ファンはスタンディング。
「バチェラー・ガール」。渡辺格さんと伊豆田さんのコーラスが
それぞれ素晴らしい。

「April」。伊豆田さんはアコギ。この曲は私の人生の
テーマソング。いつ聞いてもテンションが上がる。
(ファンになりたての頃、誕生月の曲があって嬉しく
なったっけ…稲垣さん、ありがとうございます!)

「こんばんは、稲垣潤一です…」
この頃定番の黒いスーツに黒いタイ、そして、
白いシャツ。
「30周年ということで、ラジオキャンペーンなどで
各地を回りまして…いつの間にかスタジオで
最年長なんですよね」

「デビュー当時は紙テープの名残がまだありまして…
それから、各地の名産品がステージによく飛んで
きましたね。東京なら雷おこし、福岡なら明太子とか…」
と、当時を懐かしむお話の後、やはり懐かしい曲が続く。

「君のためにバラードを」。映画「愛はクロスオーバー」
主題歌だった。映画館へ駆けつけた、遠い日を思い出す。
「ブルージン・ピエロ」、塩入さんはピアノで。伊豆田さんは
アコギとキーボードの両刀づかい。「夏のクラクション」、後方から、
「キャー!」
と、女性ファンの嬉しい悲鳴が上がった。

ここでMC。
「僕の曲はCMタイアップが多くてですね、ヨコハマタイヤ
『ロング・バージョン』、『バチェラー・ガール』、
『ブルージン・ピエロ』とか、サンヨーのラジカセで『April』、
『夏のクラクション』は富士フィルムのカセットテープの
CMでしたね…」

そう、稲垣さんの曲は、映像と共に思い出に
残っているものが多い。稲垣さんのお話の間に
配置転換、アコースティック仕様に。稲垣さんも椅子に座られる。

「夏の行方」。塩入さんのアコーディオンが効いている。
一瞬、イタリアの街角に飛んだ気分になる。
「恋するカレン」。これも塩入さんのアコーディオン。
オリジナルよりテンポが速い。これもまた良い。

「ロング・バージョン」、塩入さんのピアノが素敵。
「心からオネスティー」。
(これは、明治乳業のブリックパックのCM…)
脳裏をよぎる。

ここで、稲垣さんのMC。
「どうも、ありがとう…アコーディオンはリハーサルで
いろいろ試し、この2曲がピッタリでした」

「続いて、どこか懐かしい感じのする新曲です…」
9年ぶりのオリジナルニューアルバム、
「たったひとりの君へ…」から、「愛を急がない」と
「その手を伸ばして」。初めて生で聞く2曲、嬉しい!
(ライブの定番になりますように…)

次のMCでは、このようなことも言われた。
「ライブ後にCDを買って下さった方とは、
握手会があります…」
新しい試みに、ざわつく客席。

「君に逢いたい午後」、岡沢さんのベースが
効いている。今の時期に聞くとぴったり!
ここで、メンバー紹介。

渡辺格さん(g)
岡沢茂さん(b)
伊豆田洋之さん(key&g)
塩入俊哉さん(pf&key)
渡辺豊さん(dr)

ドラムの豊さんとは、昨年のみやぎびっきの会の
ライブ「Dream Chain」で久々にご一緒し、
20年以上ぶりに一緒にツアーを回られることに
なった、とFC会員の会報・最新号に書かれていた。
力強いドラムが、今回のサウンドの柱になっている。

ドラムを叩かれながらの「ドラマティック・レイン」と
「1ダースの言い訳」。
そして、再び前へ出られての「UP TO YOU」、
「1・2・3」で、会場も大盛り上がり、もちろん「1・2・3」では
ジャンプ!そして、今回は、再々客電が明るくなる。
(ファンの顔をご覧になりたいのだろうか…)

「P.S.抱きしめたい」で、しっとりと本編終了。

もちろん、程なくしてのアンコール。
まずは「クリスマスキャロルの頃には」。本当に、いつ
何時でも歌って下さり、素晴らしい。

続いて、「雨のリグレット」~「思い出のビーチクラブ」~
「エスケイプ」~「1969の片思い」と、メドレー仕立て。
「雨の…」はデビュー曲、この日、作詞の
湯川れい子さんからもお花がロビーに届いていた。
「思い出のビーチクラブ」、新しいアレンジも心地よく響く。


Blog110626b


「30周年コンサートにあたってリクエストを募りましたが、
あまりにも多く集まったので、メドレーにしました」
と言われ、そして、びっきの会の社団法人化しての活動などを
話された後、
「これからも、音楽の力を信じて歌っていきたいです」
力強いお言葉の後、「時を越えて」でライブはお開きになった。

今回のステージを見ていて、強く感じたのは、「稲垣さんの
ファンへの思い」と、「ファンからの稲垣さんへの思い」が混じり合い、
なんとも言えない良い雰囲気を作り出していたこと。

稲垣さんがリクエストを募って下さったこと、握手会をして下さるなど、
ファンのお気持ちに寄り添うご対応は、ありがたく、そして、
もちろん嬉しい。


Blog110626c


そして、ファン有志から贈られた(私は参加しなかったが)
ロビーのお花はもちろん、コンサート中に、多くの拍手、
また、手拍子で応えるファン。FC会員だけでなく、
以前ファンで、一時家事や仕事などで遠ざかり、
また来てみた、という方もいるようにお見受けした。

こうして、それぞれの思いが織りなす、素敵な時間が
出来上がっていることは、ファンの一人としても大変嬉しい。

30周年ツアーはまだまだ続くとのこと。記事をご覧の
皆さんのお近くで告知を見たら、ぜひ、この素敵な時間に
浸りに行っていただきたい!!

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« みやぎびっきの会Presents 東北大震災支援LIVE ~Dream Chain~ 杜の都へ思いを紡ぎ続ける | トップページ | 「レ・ミゼラブル」 再会の感謝と決意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/52060765

この記事へのトラックバック一覧です: 稲垣潤一さん30周年コンサート in 中野サンプラザ それぞれの思いが織りなす時間:

« みやぎびっきの会Presents 東北大震災支援LIVE ~Dream Chain~ 杜の都へ思いを紡ぎ続ける | トップページ | 「レ・ミゼラブル」 再会の感謝と決意 »