« 【速報】ブレッド&バター Live in Back in Town 観覧 | トップページ | ブレッド&バター Live in Back in Town 人、海と大地へのつながり »

2011/08/02

身近なハッピー!のヒント20 付け焼き刃、追放!!

「付け焼き刃」という言葉がある。


Blog110802



この語が最初に私の心に強く残ったのは、
この歌の歌詞。

「短パンを穿いた付け焼刃レディたちが
腕を組んでチンピラにぶら下がって歩く
ここは別荘地盛り場じゃないのよと
レースのカーテンの陰囁く声」

中島みゆきさん「あたいの夏休み」)

1986年の夏に発売されたこの曲。ロック色の強い、
ある意味、当時の音の感じられる歌。この年は、
アルバムチャートで稲垣潤一さん「REALISTIC」が
1位を獲得。また、1986オメガトライブの曲、また、
岩崎元是&WINDY「夏の翼」などと時期が重なり、
よくラジオなどで耳にした。

付け焼き刃。うわべだけのもの。「チンピラ」に
「ぶら下がって歩く」…想像するだけで、およそ、
良いイメージの女性は浮かばない。ちょっとした
会話や立ち居振る舞いで、すぐに厚い化粧の下の
本性が表れそう。

「付け焼き刃」の意味を、思春期の私の中に
強烈にこの歌詞は植え付けた。そして、
(自分が憧れるのはこういう女性ではない、
こういう人にはなりたくない)
という思いも抱かせた。

「付け焼き刃」。手元の「新明解国語辞典」
(第五版)では、このように書かれている。

「元来力の無い者が、その場をうまくごまかす
ために、いかにも有るように見せかけたり
にわか仕込みの勉強で急場をしのごうと
したりする△こと(ための態度・勉強)。」

大人は、不案内な分野や、苦手なことに関し、
突然、もっともらしく見せねばならない、
ふるまわねばならない、という場面に、
人生の中で時々出会うのかもしれない。

でも、仕事に関して言えば、恐らく、それまでの
取り組みに何かしらは関わりのあることで
話が持ち込まれるのではないか。だから、
日ごろから、きちんと対応できるように、
アンテナを広げて、学び、吸収しておく
気持ちや姿勢が大事。

マナーなどのことだったら、それまでの人生で、
場面にふさわしい対応を身につけておけば良い。
そういうチャンスは、たぶん、それまでの人生で、
きちんと目の前に現れていたはずだから。

そういう時に、何かしらの自覚を持った対応が
少しでもできていれば、突然、不案内な分野や
苦手なことが目の前に来ても、その時に改めて
少し勉強や確認をすれば、付け焼き刃ではない、
きちんとした対応ができるのではないだろうか。

それを、「こんなの覚える必要はない」などと言い、
その場しのぎで適当にお茶を濁していた人だけが、
きっと、大事なことが身についていない。そして、
それが原因で、チャンスを逃したり、大きく
人生を後退させることをしてしまう。

今のような困難な時代だからこそ、
付け焼き刃は通用しない。それぞれに
得意なことをきちんと積み上げ、
本物の輝きを放って生きていきたい。

ゆっくりとした歩みでいいから、本物を探し、
繰り返して身につけ、自分のものにしていきたい。

もちろん、自戒の念もこめ、この記事は書いている。
付け焼き刃は、自分の周りから追放!!

※写真は東横線・学芸大学駅そばの「珈琲美学」の
コーヒーゼリー。もちろん、付け焼き刃とは
まったく無縁の、おいしい味とライブが楽しめるお店。

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« 【速報】ブレッド&バター Live in Back in Town 観覧 | トップページ | ブレッド&バター Live in Back in Town 人、海と大地へのつながり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/52376470

この記事へのトラックバック一覧です: 身近なハッピー!のヒント20 付け焼き刃、追放!!:

« 【速報】ブレッド&バター Live in Back in Town 観覧 | トップページ | ブレッド&バター Live in Back in Town 人、海と大地へのつながり »