« 映画「かぞくのくに」 頑強な扉の向こうへ | トップページ | 教育カフェテリア第79回更新 「教員の犯罪」について »

2012/08/16

真夏の夜のJAZZ in HAYAMA2012 原点への思い

7/28、葉山マリーナで行なわれた、
「真夏の夜のJAZZ in HAYAMA 2012」を見に出かけた。

Blog120816


葉山でのジャズライブ、2日連続の2日目のライブ。
スケジュールの都合もあり、行けるかどうか直前まで
分からなかったが、どうにか行けそうだとわかる。

その頃にイープラスから、「抽選で招待」という案内メール。
(当たるか分からないけれど…)

信じられないが、当選メールをいただいた。というわけで、
むっちんさんをお誘いし、酷暑の東京から、一路、夏の湘南へ。

JR逗子駅で下車すると、暑い中、シャトルバスの案内を
持った方がいらして、無事乗り込み、会場の葉山マリーナへ到着。

入り口前には、普段葉山朝市に出店されている、地元のお店が
並ぶ。おいしそうなパンなどを買い、客席へ。ヨットも岸に固定され、
その上からご覧になっている方も(恐らくヨットのオーナーさん)。

ちょうどトップバッターの、ハクエイ・キムさんのトリオの演奏が
始まったところだった。1曲目の「クアラルンプール」が終わった
ところで、早速スペシャルゲストの青山テルマさんを迎え、
「My Favorite Thing」、ベット・ミドラーのカバーで「ROSE」。
テルマさんは白色の膝丈ワンピース、フェミニンな感じでお似合い。

ここで、テルマさんはご退場、入れ替わってゴールドのミニ丈
ワンピースがカッコよかった、Crystal Kayさん
「Caravan」に続き、CDでもピアノを弾いてもらったご縁という話に
続き、キムさんのピアノだけで、オリジナルの「Superman」を、
しっとりと歌い上げる。

Crystal Kayさんがご退場すると、キムさんと村上ポンタさんの
おふたりでのセッション。キムさんは緊張され、また、
感激ひとしおのご様子。最後に、日韓共同製作映画
『道~白磁の人~』のエンディングテーマを演奏され、
しっとりとした夕暮れの雰囲気にふさわしく、ステージを後にされた。

各出演者のセッティングに時間がかかるため、その間に
会場内の屋台へ行く方も。お酒、焼きそばなど、おいしそうな
ものがいろいろ並ぶ(写真もそのセッティング中に撮影したもの、
演奏中には一切撮影・録音していない)。


17:05、続いて、PONTA BOXのご登場。メンバーは、次の皆さん。

・村上“ポンタ”秀一さん(dr)
岡沢章さん(ba)
柴田敏孝さん(pf)
本間将人さん(sax&key)

岡沢章さん、長年お名前は拝見してきたが、ようやく演奏が
聞ける機会に巡り会えて嬉しかった!!稲垣潤一さんファンには
おなじみ、岡沢茂さんの兄上。

ハービー・ハンコックの曲など、2曲演奏なさったところで、
スペシャルゲストの八代亜紀さんを迎え入れられる。
薄いパープルの、袖のひらひらした、いつものドレスで
さっそうとご登場。「亜紀ちゃーん!!」と掛け声が多く飛び、
「Django~Fly Me to The Moon」で客席は一気に盛り上がる。

八代さんと親交があるということで、Crystal Kayさんが
再びご登場。「You’d Be So Nice to Come Home」を
デュエット。ハグして、笑顔でCrystal Kayさんご退場。

そして、「CDでも演奏して下さっている」ということで、
「Aki’s Holy Night」。最後は、「舟歌」ジャズバージョン、
もちろんダンチョネ節も入って。客席の歓声に送られながら、
PONTA BOXの皆さんと八代さん、笑顔でご退場。

そして、18:25、お待ちかね、今日のトリは、山中千尋さんトリオ。
メンバーは次の皆さん。

・山中千尋さん(pf)
東保光さん(b)
・岡田”Keita”佳大さん(ds)

このお三方は、昨年8月末に拝見している(2011/09/05記事)。
山中さんは頭にターバン、エスニックのようなオフショルダーの
ワンピースで、アジアのお姫様という感じ!

「Rain.Rain.Rain」で始まり、2曲演奏なさったあと、
最新アルバムから「Insight Foresight」。BSフジ
「ソーシャルTV THE コンパス」のテーマ曲。

「イタリアにいたのですが、このライブにどうしても出たくて、
向こうのイベントをキャンセルして今朝帰国しました」
(!!)
という山中さんの、パワフルな演奏が野外で心地良く響く。

最新アルバムから「Because」、「Yesterday」、そして、
山中さんのアレンジの才能の真骨頂発揮、
「Sing, Sing, Sing~Saturday in the Park~
Mickey Mouse March」。「Sing, Sing, Sing~
Saturday in the Park」は昨年札幌で聞いていたので
(2011/09/01記事)慌てなかったが、今年は
「Mickey Mouse March」が加わっていることに驚く!
(山中さんもチャレンジし続けていらっしゃる!!)

そして、待望の、稲垣潤一さんのご登場!
黒いジャケット、白いシャツに黒いタイ、
今日は白いパンツで夏らしく爽やかに。

「ロング・バージョン」で始まる。
稲垣さんは最新アルバム「ある恋の物語 
My Standard Collection」を今年6月に
発表なさっている。そこから、「Tea For Two」、
「夜のストレンジャー」、「Misty~J・I VERSION」と
歌って下さる。

「夜の…」は間奏で山中さんのピアノと東保さんの
ベースが華麗な音を奏で、聞きごたえある大人のサウンド!!

(来られて良かった…)
忙しい中、慌しく駆けつけた甲斐があったと、気持ちが
穏やかになっていく。

天然少女がそのまま大人になった部分もある山中さんと、
稲垣さんのMCは聞いていて面白い。ステージ衣装の話、
歌詞の話…お互いに普段はおひとりで話されるのが
基本だから、このやりとりは、きっと、ご自身たちでも
楽しいのではないか。

「ドラマティック・レイン」、そして、
「ピアノトリオで歌うと気持ちいいんです」
という稲垣さんのお言葉に続き、「揺れる心に~フェード・アウト」。
(そう、この曲のこのアレンジは本当に絶品、眠っていた曲が
蘇った!)

ここで本編終了、そして、アンコールの「夏のクラクション」で、
19:55、ライブはお開きになった。

八代亜紀さんがジャズ、というのは正直驚いたのだが、
実はデビュー前、銀座のクラブで歌われていたこともあり、
ご自分の原点という思いがおありとのこと。

稲垣さんはもちろん、今年、ご自身の原点でもある
「スタンダードナンバー」を、今の日本語で歌われる、と
いう思いをアルバムで実現なさった。

いくつになっても、原点への思いを忘れぬ限り、それは
人を突き動かす。私自身も原点への思いを再確認した日に
なった。
当選させて下さった関係者の皆様に、心からお礼申し上げたい。

【追伸】
次の記事を一部参考にさせていただきました。
ここに記してお礼申し上げます。

BARKS 2012/07/28記事
「日刊スポーツ」 2012/07/11記事

また、このライブは、
J:COMチャンネルHD(8/28)
チャンネル銀河(10/13)
以上で、それぞれ放送の予定があるとのことです。


-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« 映画「かぞくのくに」 頑強な扉の向こうへ | トップページ | 教育カフェテリア第79回更新 「教員の犯罪」について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/55437586

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夜のJAZZ in HAYAMA2012 原点への思い:

« 映画「かぞくのくに」 頑強な扉の向こうへ | トップページ | 教育カフェテリア第79回更新 「教員の犯罪」について »