« ダイヤモンドへ込める思い 2013年1月の思い | トップページ | 教育カフェテリア第80回更新 「2013年の教育に関する政治・注視したい点」について(前編) »

2013/01/05

東急東横店 東館閉館 変わり行く渋谷1

昨年春の、ヒカリエ開業(2012/04/08記事
2012/04/25記事)で幕が開いた、
渋谷駅周辺の再開発。

今年はその再開発が本格化する。
まず、現在の東急東横線渋谷駅が
3/15で使用を終了し、翌日からは地下5階に
ホームがある東京メトロ副都心線と直結する。

東横線ホームの跡地にはJR埼京線などの
ホームが移ってくる予定だとのこと。便利に
なるのはありがたいが、一方で、東横線の
あの駅舎が使われなくなるというのは寂しさがある。

東横線は副都心線と直通するので、埼玉方面への
アクセスが便利になる(副都心線は西武池袋線と
直通運転中)。
みなとみらい線も現行のまま直通することになるから、
埼玉から横浜中華街が同じ路線でつながるのも、
不思議な感じがする。

そして、3/31をもって、「東急東横店
東館が閉館」する。
「東急東横店の閉店」ではない。

東館、というのは、一番古い建物。ヒカリエから一番近く、
東横線の改札の目の前に入り口がある、と言えば、
お分かりいただける方が多いだろうか。
 
この情報、昨年から公開されているのだが、どうも誤解が多い。
「東急東横店が閉店」と思う方が多い様子。東急東横店の
スタッフさんは常にFacebookTwitterで情報を発信されて
いるが、情報を訂正しているのを何度か見た。
テナントのスタッフさんも実際に、誤解した方から
「閉店なんですね」と言われ、訂正しているとお聞きした。

私自身、民放ラジオの局アナが、「東急東横店が閉店」と
伝えていらしたので、慌ててメールを出したこともある。
その後確認していただいたようで、訂正の放送があった。
あまり利用なさらない方からすれば、間違え
やすいのかもしれないが…

4月以降は、3館ある現在の建物を2館に集約して
営業されるという。(詳しくはこちらで)。
ちなみに、1階の東横のれん街は、渋谷マークシティの
地下に入ることが決まっており、現在工事が進んでいる。

同時に、東横店の中では、昨年秋から、テナントが
閉店する光景を何箇所かで見てきた。それを見るたび、
(いよいよ東館が閉館する…)
という寂しさと、新しい渋谷が始まるのだ、という思いが
交錯している。

2013年になると、売り場の閉鎖や移動も多くなっている。
よく利用する売り場のスタッフさんに、
「こちらは4月以降もそのままですか」
「4月からはマークシティ地下に移動なさいますか」
などと、買い物ついでに確認している。

子ども服売り場は閉鎖されるという。少子化の象徴だと
痛感する。また、東館の化粧品売り場に出店している
ブランドは、ほとんどがヒカリエ内ShinQs
既に営業しているので、あまり影響がないのだとも思う。

ちなみに、渋谷駅周辺の再開発は、こちらの
「シブヤ経済新聞」記事をご参照
いただきたい。最終的にヒカリエより高いビルが建設
されるのだという。

昨年のヒカリエ開業でも感じたが、昔の話が
出るたびに、東急文化会館があったこと、映画館や
プラネタリウムがあったことを語れるのは、それだけ
沿線で長く生きてきた事実を突きつけられる
思いがする。

東横線駅舎わきの歩道橋を渡ってアルバイトに行った
大学生時代。あの頃は、文化会館の中で買い物を
するのが、大人びた感じで好きだった
(現在進む二子玉川駅周辺の再開発でも、かつて
遊園地で遊び、映画を見て、運転免許も取得した身として、
似たような思いを感じている)。

渋谷駅の再開発は、あと15年近く続く。沿線にいる者と
して、変わりゆく様子は自分なりに見届けねばならない、と
強く思う。

そう思う理由は、もうひとつ。
このblogで、以前、追悼記事を書いたYさん。ちょうど
2年前の1月だった。恐らくご健在なら、このプロジェクトに
関わっていらしただろう。私なりに、変化で感じたことを
書き残していくことが、いつも応援して下さっていたこの方に、
恥じない生き方でもあると思う。

そんな思いを胸の奥底に持ち、渋谷の街を、見続けたい。

※参考 NHKニュース 1/4記事

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。


|

« ダイヤモンドへ込める思い 2013年1月の思い | トップページ | 教育カフェテリア第80回更新 「2013年の教育に関する政治・注視したい点」について(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/56473119

この記事へのトラックバック一覧です: 東急東横店 東館閉館 変わり行く渋谷1:

« ダイヤモンドへ込める思い 2013年1月の思い | トップページ | 教育カフェテリア第80回更新 「2013年の教育に関する政治・注視したい点」について(前編) »