« 映画『サンシャイン 歌声が響く街』 闇でも笑って進もう! | トップページ | 向いているから、続けられる »

2014/08/16

祖母からの贈りもの 時空を越えて

「オショロサン、知ってる?」
母からのメールに、こう、書かれていた。

記憶にない。すぐにネットで調べ、返信する。
「お盆で作る、牛や馬のこと?」
これは幼い頃作った。私は小学校低学年まで、
父の実家で、父方の祖母と同居しており、その家に
仏壇があった。馬や牛を作る母のそばで、手伝いを
した記憶がある。でも、こんな名前聞いたことない。

馬に乗ってご先祖様は帰って来る。その時に焚くのが、
迎え火。少しでも早くこちらに帰れるように、馬を用意する。
そして、あの世へ帰る時に乗るのが、牛。少しでも
ゆっくりあの世へ戻れるように、馬ではなく、牛。
その時は送り火を焚く。

「ううん、違うのよ、お盆にお迎えするご先祖様の霊のこと。
おばあちゃんが言ってたのよ。この言葉、すっかり忘れて
いたわ」
母はこう言う。新聞で見て思い出したのだと。

確かに、この語を調べたら、遠州言葉として書かれている方の
blog記事がヒットした。母方の祖父母は、静岡県中部出身。

その後母と話す。
「遠州の方たちのblogで、牛や馬のえさを用意する、って
いうことが出てきたの」
「そうそう、おなすを細かく刻んでね、お芋の葉っぱに乗せて…」
「おばあちゃんは、していたのね」
「そうなの。嫁いできたら、こっちではそんなことして
なかったのよね」
(都内でも、している所もあるのかもしれないが…)

言葉の専門家だから、ということと、私は母方の祖父母に
守られている、と実感することが年々強まっているからか、
母は私に、突然、昔の話や方言を言い出すことがある。
もちろん私は、その大半がわからない。

こういう時に、ありがたい、と感じるのが、手元のスマホや
PCですぐにそれらを調べられること。そして、調べたことと
併せて、母の話が聞けること。昔は家の百科事典を調べたり、
それでもわからなければ先生に聞くか、図書館に行く、
などしか方法が思いつかなかった。

逆に、私が目に留まったことで、母に質問することもある。
「ひずるしい、って分かる?」
母は知っていた。
「まぶしい、っていうことね。おばあちゃんが使っていたわよ」
浜松付近の方の話をラジオで耳にして、祖母が使っていたの
ではないか、と思い、母に聞いたのだった。

こうして、私は、「自分は使わないが、知っている言葉」の
ストックが少しずつ増えていく。「ちんぷりかえる」というのも、
そのひとつ。怒ってへそを曲げる、などの意味で、
長澤まさみさんが記者会見か何かで言ったことが
あるらしい。長澤さんは、静岡県磐田市出身。

祖母は私が幼稚園の時に他界した。祖母の葬儀は、私の記憶に
ある、最初の葬儀。全部覚えているわけではないが、祖母の
通夜で大人たちがお酒を飲み、母たちが忙しく立ち働くのを見て、
(なんでこの人たち、人が死んだのにお酒飲んで笑ってるの?
お母さんたち、悲しいのに忙しくて、かわいそう)
と、釈然としない思いを抱いていた。幼くて手伝いができるわけでも
なく、通夜ぶるまい、という語もまだ知らないまま、母たちの背中を
見ていた。

祖母からはたくさん愛情を受けたが、何も祖母に返せないまま、
祖母と離れてしまったとも感じる。でも、守られているから今の
生活がある、と思い、同時に、祖母の故郷の言葉を知り、また、
祖母の故郷の方と少しでもつながることで、祖母から受けた
愛を、私なりに今の世の中に伝えていけているのかも
しれない、と考えるようになっている。

今の住まいにやって来て、祖母の実家をご存知の方に
巡り会った。正確に言うと、その方は、私の曾祖母(祖母の母)を
覚えていらした。そのことを知った時、偶然を越えた奇跡に
自分でも驚き、ただもう、感謝、という言葉しか思い
浮かばなかった。

その方も、遠い記憶の彼方にあった人のひ孫が現れたことに、
感慨深い表情をしていらしたのが忘れられない。

旧盆のあとに、祖母の命日がやってくる。今年も、お墓参りを
早々と夏の予定に組み込んである。祖父母への感謝を込め、
夏の締めくくりに、お墓へ行く私がいる。

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。


|

« 映画『サンシャイン 歌声が響く街』 闇でも笑って進もう! | トップページ | 向いているから、続けられる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/60160025

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母からの贈りもの 時空を越えて:

« 映画『サンシャイン 歌声が響く街』 闇でも笑って進もう! | トップページ | 向いているから、続けられる »