« 【告知】新連載開始!【つきのみどりの 自信がつく!日本語講座】 | トップページ | 磨きつつ、走る! 2017年1月の思い »

2016/12/30

「Erital Pops」大人の日常に潜む希望 (追悼・菅井えりさん)

Erital(菅井えりさん・渡辺格さん)のおふたりの
アルバム「Erital Pops」が、今年8月に発売された。

Blog161230


すぐにAmazonで購入し、手元に置き、聞きながら、
忙しすぎて記事が書けず、今日まで来てしまった。

初めて通しで聞いた時、私が感じたのは、
(日常にある希望を大事にして)
というメッセージがあること。大きな希望、大きな幸せは、
日常の幸せや希望を大事にするところから始まることを
忘れないで…そういう思いを感じた。

えりさんの詞には、いつも、芯あるメッセージが詰まっていた。

おふたりは春と冬、最低年2回は単独でライブを
なさっていた。ちょうど私の仕事の忙しい時期に
重なるので、年によってはどうやっても行けない。
(次にお会いできるのは冬ね!行けますように。)
この夏から秋にかけては、そう思って楽しみに待っていた。

しかし。
菅井えりさんは、2016年12月21日、帰らぬ人となった。
格さんは23・24日と稲垣潤一さん関連のお仕事があり、
ファンを思って事実を伏せておかれ、ご公表は
24日のお仕事終了後だった。そのご心中を思うと
いまだにいたたまれないし、同時に、プロとしての
矜持も感じて、敬服している。

えりさんは、まだ55歳。ジャケット写真の笑顔を見るたび、
なんで、なんでえりさんがもう逝ってしまうの、とつぶやいて
いる私がいる。

でも、なんで、と一番言いたいのは、きっと、格さん
そして、親御さんたちをはじめとするご家族の皆様だろう。

おふたりの活動は2000年代初めから始まった。活動
初期の頃、ライブを拝見し、「えり」さんと「いたる」さんで
「Eri」+「Itaru」=「Erital」となるという自己紹介を聞き、
(なんて素敵!こういう偶然…ううん、偶然ではなくて、
おふたりはきっと、魂のレベルでつながっていらっしゃる。
お名前にそれが表れている)
と思ったことを覚えている。

おふたりでは今までにクリスマスアルバムを出されている。
えりさんはソロアルバムも出されていて、その美しい声で、
癒されて眠ったことも多い。

最後におふたりのライブを拝見したのは、3年前だった。
ライブ後えりさんとお話ししたことを覚えている。
暗い照明のライブハウスで、白いお衣裳のえりさんが
素敵だったこと、今も鮮やかによみがえる
2013/12/22記事)。

えりさんは、最期まで、病と闘っていらした。格さんの
もとにお元気で戻るために。また歌うために。それを
思うと、涙が止まらない。

でも、泣いているだけでもいけないのだとも思う。
えりさんの詞と美しい歌声を忘れず、えりさんの分まで
生きねばならない、とも。

(えりさん、忘れません。今までたくさんのお優しさ、
温かく強い歌声をありがとうございました)

多くの方に「Erital Pops」を聞いていただきたい。
そして、きっとまたあるであろうEritalライブに足を
運んでいただきたい。えりさんの歌声とともに、
格さんの素敵な演奏が聞けるはずだから。


|

« 【告知】新連載開始!【つきのみどりの 自信がつく!日本語講座】 | トップページ | 磨きつつ、走る! 2017年1月の思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73691/64696048

この記事へのトラックバック一覧です: 「Erital Pops」大人の日常に潜む希望 (追悼・菅井えりさん):

« 【告知】新連載開始!【つきのみどりの 自信がつく!日本語講座】 | トップページ | 磨きつつ、走る! 2017年1月の思い »