« 【速報】稲垣潤一さん ディナーショー2018 観覧 | トップページ | 積み重ねたものと、新しいものとの融合 2019年1月の思い »

2018/12/28

稲垣潤一さんChristmas Dinner Show 2018 観覧 1年の総決算と感謝!

12/24、稲垣潤一さんのChristmas Dinner Show 2018を
ホテル椿山荘東京で観覧した。

Blog181228a



私は2年ぶりの観覧(2016/12/25記事)。稲垣さんに
とっては初めての椿山荘でのディナーショー。今回、
昼と夜の部2回あり、私は昼の部に申し込んだ。
朝から支度をして、用事も済ませて到着。


Blog181228b

今年は稲垣さんのパネルが会場入り口にあり、
多くの方がご一緒に撮影なさっていた。

11人掛けの円卓。13時、お食事開始。
「こんにちは、よろしくお願いします。」
両隣の方に笑顔でご挨拶。ご遠方から、
お子さんがお小さい…それぞれに、
昼の部を選ばれた理由がおありだった。私は、
昼間ショーを楽しんで、その後は自分の
予定を入れたかったから。

Blog181228c

Blog181228d

300人近く入っているだろうか、白いテーブルクロスと
観客の皆さんのドレスアップした装いのコントラストが
きれい。私も、仕事では着ない色とデザインの
ワンピースを着てきた。

Blog181228e

お話を楽しみつつ、お料理をおいしくいただく。

Blog181228f

Blog181228g

今年も、もちろん完食。お料理をいただいて、
少し待ってから、開演時刻になった。

Blog181228h

ステージ下手から、サポートミュージシャンの
皆さん、続いて稲垣さんのご登場。
聞こえてきたイントロは、「どうせ始まらない」だった。
コーラスの渡部さんとのデュエットで。続いて、
「夕焼けは、君のキャンバス」。その後、最初のMC。

「こんばんは、稲垣潤一です…今日はホテル椿山荘東京に
ようこそいらっしゃいました。」

稲垣さんの服装は、黒のタキシード。ただし蝶ネクタイではなく、
ネクタイ。ベストと共にベージュ色で、いつも変わらずおしゃれ。
ミュージシャンの皆さんも、ジャケットにネクタイ、紅一点の
渡部さんも、黒のロングドレス。
(皆さんお似合いです!)

「時を止めた涙」、「夏のクラクション」と続く。切ないバラード、
しみじみと聞き入る。

「ありがとうございます…」
この後は、ディナーショー恒例の「発声練習を兼ねて、
稲垣さんの客席回り」。今年も会場の多くの方が、
「はーい!」と元気に挙手、稲垣さんのご指名で
何人かの方が幸運にも選ばれ、次の曲のサビを歌われる。

次はもちろん、「クリスマスキャロルの頃には」。この曲の
間は、客席を回って握手してくださる。多くの方が
握手できて、喜んでいらした。

再びステージに戻られ、「September Kiss」
(1988年「EDGE OF TIME」)。コンセプトライブでも
聞いた、と脳裏をよぎる(2018/10/30記事)。

ここで、メンバー紹介。今日は石黒さんが
ご参加。今の稲垣さんのツアーにはあまり
参加なさらないからか、一音一音丁寧に
演奏なさっている音が、とても良かった。

石黒彰さん(pf&key)
渡部沙智子さん(cho)
岡沢茂さん(b)
渡辺格さん(g)

「この前ライブで府中に行きまして、米軍キャンプを
回っていた頃を思い出しました…」

アルバム「HARVEST」から、ディスコで歌うことを
イメージして作った曲、と言われて始まったのは、
「上手な恋の終わり方」。
続いて、「彼女はBLOOD TYPE B」。秋のライブの
驚きが蘇る(2018/10/24記事)。タンバリン片手に、
稲垣さんご熱唱。

「バチェラー・ガール」、テンポの良い曲が続く。
皆さん座って、思い思いに楽しんでいるご様子。
「早いもので、もうラストの曲です…」
「えー!」

「1969の片思い」、ライブの定番曲。
盛り上がって、本編終了。

そして、ディナーショーのアンコールの定番は、
「メリークリスマスが言えない」。稲垣さんの
ヴォーカルとコーラスのハーモニーに聞き入り、
15:36、ライブはお開きになった。

「ありがとうございました」
お互いに笑顔で、他のファンの方と
ご挨拶して、退場した。

今回のディナーショーを聞いていて浮かんだ言葉は、
「今年の総決算」。ライブで聞いた曲とともに、
その時期の記憶が脳裏をよぎった。数カ月しか
経っていないのに、過去になっていることに
驚きつつも、こうして時は流れていくのだと、
しみじみ感じた。

そして、もちろん、今年への感謝の気持ちも
浮かんだ。多くの皆さんに支えられて、1年間
頑張れたこと、そして、元気に、笑顔で
ディナーショーを楽しめていることそのものが、
「いろいろあったけれど、今年も良い年でした!」と
いう象徴だと感じた。

(稲垣さん、皆さん、今年も素敵なコンサートを
数多く届けてくださり、ありがとうございました!
応援できるのは、稲垣さんがお元気で歌い続けて
くださるからこそです。来年もステージを拝見するのを
楽しみにしております!)

この記事だけでなく、blog記事をご覧くださる
多くの皆さんに、感謝を申し上げ、そして、
来年も幸多かれ、と願いつつ、記事を終えたい。

-♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪--♪-
【人気ブログランキング】参加しました。
あつかましいのですが、
よろしければクリックお願いします。

|

« 【速報】稲垣潤一さん ディナーショー2018 観覧 | トップページ | 積み重ねたものと、新しいものとの融合 2019年1月の思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲垣潤一さんChristmas Dinner Show 2018 観覧 1年の総決算と感謝!:

« 【速報】稲垣潤一さん ディナーショー2018 観覧 | トップページ | 積み重ねたものと、新しいものとの融合 2019年1月の思い »