« 楠瀬誠志郎さん Live in 吉祥寺 新しい扉を開けて! | トップページ | 【速報】山下達郎さん PERFORMANCE2019 神奈川県民ホール 観覧 »

2019/08/15

稲垣潤一さん Live in 相模女子大学グリーンホール 終わらない、物語

/9、稲垣潤一さんのコンサート2019

相模女子大学グリーンホールで観覧した。

 

 

 

通常のライブを観覧するのは、昨年の9月末以来(2018/10/24記事)。

この時は台風接近で大変だった、と思い出す。

 

16:31、サポートミュージシャンの皆さん、続いて稲垣さんが

舞台にご登場。このツアーでは、皆さんの生演奏!もちろん、

稲垣さんもドラム演奏をなさる。皆さんそれぞれの演奏の

良さが生きるメロディーに聞き入る。

 

1曲目は、「心からオネスティー」。稲垣さんのドラムが力強く

響き渡る。次の、「悲しきダイアモンド・リング」と、2曲は叩き語り。

 

ここで稲垣さんはマイクを手に、ステージ前方へ出て来られる。

「恋するカレン」、大瀧詠一さんのカバーでおなじみ。

稲垣さんは紺のスリーピーススーツ、黒いネクタイが今日も

よくお似合いでいらっしゃる。

 

この後、最初のMC

 

「ありがとうございます、こんばんは、稲垣潤一です…

最後まで、どうぞごゆっくりお楽しみください。」

 

この時は、時々出場なさる、公道を走る岡山でのラリーの話題などを

話してくださった。

 

ライブに戻る。「雨の朝と風の夜に」。続いて、「夕焼けは、君のキャンバス」

これは、塩入さんはピアノで。これがまた素敵。続いては、

「ロング・バージョン」。塩入さんは今度はキーボード、格調高い演奏に

聞き入る。

 

「ありがとうございます…」

 

続いて、「A Glass Of The Sorrow」、「時を止めた涙」、「日暮山」。

A Glass Of…」は、稲垣さんにとって初めてオリコンチャート1位を

取った1986年のアルバム、「REALISTIC」から。どの作品も稲垣さんに

とって、大事な存在だと思うが、このアルバムは思い入れの深い一つでは

ないか、と拝察する。

 

そして、デュエット日本記録更新中の稲垣さん、次の曲はデュエットで

(お相手は、ライブだけのスペシャル、コーラスの渡部さん)。

「どうせ始まらない」。渡部さんは、コーラススタイルからマイクを

手にされて、前へ出ていらして、デュエットスタイル。

このコーナーも、また好き。

 

ここで、メンバー紹介。

 

塩入俊哉さんpf&key

渡部沙智子さん(cho)

岡沢茂さん(b)

渡辺格さん(g)

 

この後は、怒涛の懐かしい曲の数々。稲垣さんはタンバリンを

手に歌われる。ドラマ―稲垣さんにとって、リズムを取りやすい

自然なことなのかもしれない。

 

「君に逢いたい午後。」1989年の「HEART&SOUL」から。

「バチェラー・ガール」、「彼女はBLOOD TYPE B」。

ノリノリの曲が続き、客席も大盛り上がり!

123」、もちろんステージも客席もジャンプ!

1ダースの言い訳」、客席はサビの振り付けで楽しく動く。

 

「…どうもありがとう。最後の曲です。」

という稲垣さんのお言葉に、

「えー!」

と、答える客席。「遅れてきたプロローグ」で、本編終了。

 

アンコールは、ヒットナンバーメドレー。「UP TO YOU」、

「思い出のビーチクラブ」、「ドラマティック・レイン」、

「オーシャン・ブルー」と続く。「オーシャン…」は、いつ

聞いても素敵な海岸のホテルが脳裏に浮かぶ、ユーミンの作品。

 

そして、恐らく会場に来ている全員が聞きたい曲、

「夏のクラクション」で、18:37、ライブはお開きになった。

 

この日のライブで、強く感じたことは、「終わらない物語」と

いうこと。本編の最後の曲、「遅れてきたプロローグ」

(作詞・山田ひろしさん)で、「♪終わりのない物語 信じて」と

いう歌詞がある。ここを聞いていて、

(稲垣さんのライブも、同じようにずっと続いている…)

しみじみと、そう感じた。

 

書くだけなら、これだけのことかもしれない。でも、これはどれだけの

重みがあることなのだろうか。

あまりにもある曲がヒットすると、一時期その歌を歌わない、と

いうことも聞く。しかし稲垣さんにはそのようなこともない。

ライブも定期的になさっている。

これが、どれだけ素晴らしいことなのだろうか。改めて、そう

感じずにはいられなかった。

 

(稲垣さん、ご出演の皆さん、今日もありがとうございました!

このことを当たり前と思わず受け止め、またライブに参ります!)

満たされた気持ちで、会場を後にした。

 

 

-♪-----------------

【人気ブログランキング】参加しました。

あつかましいのですが、

よろしければクリックお願いします。

 

 

 

|

« 楠瀬誠志郎さん Live in 吉祥寺 新しい扉を開けて! | トップページ | 【速報】山下達郎さん PERFORMANCE2019 神奈川県民ホール 観覧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楠瀬誠志郎さん Live in 吉祥寺 新しい扉を開けて! | トップページ | 【速報】山下達郎さん PERFORMANCE2019 神奈川県民ホール 観覧 »